1. TOP
  2. 詐欺未遂

詐欺未遂

 2014/11/25 カンボジアへ行ってみて
この記事は約 2 分で読めます。 911 Views

s-d_suke-9
帰国する2日前のことです。外務省の渡航情報やガイドブックにも注意書きがあったいかさま賭博詐欺(トランプ詐欺、カード詐欺)未遂にあいました。最初は勝たせて最終的には大金を巻き上げられるという詐欺です。ことの発端は、王宮があるトンレサップ川沿いを散歩していて時でした。

この川沿いは地元の人々も訪れる散歩場所であり、王宮もあるので観光地としても人が集まる場所です。夕方頃に散歩していると、自称マレーシア人と名乗る男性に声をかけられました。色々話して仲良くなり、次の日に自宅でご飯をご馳走になることになりました。ちょっとフレンドリー過ぎて怪しく思いましたが、次の日に待ち合わせをして自宅に向かいました。

この男性には自称日本で働いていたことのある嫁さんが居て、日本語が少し話せました。少しこの男性と話していると、嫁さんが現れて入れ替わり、そして話しているうちに客船のカジノで働いていると言う兄が出てきました。今度横浜に寄るから、その時は勝たせてやるから連絡してくれとのこと。この兄がかなりの汗をかいていました。ここから「何かありそうだ」と思っていました。

その後別室に行ってカードのいかさまを教えてもらい、ケチなブルネイ人とゲームをすることとなりました。「どこかで聞いた話だ。この場から立ち去れねばならない。」と思い、キャッシュカードを取りに行くと嘘を言ってホテルの近くまで送ってもらい、そこで人混みに紛れて逃げました。実質的な被害はありませんでしたが、これはトランプ詐欺だったと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

カンボジア旅行記の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

カンボジア旅行記の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

admin

この人が書いた記事  記事一覧

  • カンボジアの料理

  • 詐欺未遂

  • 鉄道沿線散策

  • キリング・フィールド(チュンエク大虐殺センター)

関連記事

  • プノンペン散策記

  • カンボジアの料理

  • 再来のプノンペン

  • カンボジア旅行の持ち物